テクニカルイラストレーターの!!!ミニロゴ
 テクニカルイラスト総合サイト!超初心者から、仕事の依頼までをカバーすべく奮闘中! 
HOME > テクニカルイラストを描きたい > 現在位置
テクニカルイラストレーション制作環境
  
■CADって何?
テクニカルイラストを描くのに、よくCADと言うものが使われます。
CADとは、Computer Aided Design の頭文字をとった略語です。
一般的には機械や建築で図面を制作するときに使用するツールです。
■イラストなのにCADを使うの?
テクニカルイラストは、国家資格『テクニカルイラストレーション技能士』が設定されている様に、技能なのです。
もともと、製図台などを使用して作成するものなので、CADを使用するのが普通ではないかと思います。
しかし、現在テクニカルイラストをパソコンで作成している人の半数くらいは(統計は無いですが感覚的に・・・)は、ドローソフトを使用しているんではないかと思います。
これは多分、もともとドローソフトで普通のイラストを作成していた人がテクニカルイラストを作成するようになり、慣れているドローソフトをそのまま使用しているんではないかと思いますし、昔はパソコンでイラストを作成するならマッキントッシュのイラストレーターというソフトでというのが常道であったためでしょう。
また、印刷する場合にMacのデータ(PostScript)でないとダメ、と言うようなことも言われます。そのため、CADでは不都合な場合が出てくるのです。
■CADを使用するのに特別な機器は必要?
普通にどこでも購入できるパソコン一式(CDの書き込みは必須)と、A3版が印刷できるレーザープリンターが有ればその他は必要ありません。まあ、仕事としてやるにはスキャナーやより大きなディスプレイ(画面)が必要ですし、フロッピーディスクは未だに使いますので付いていないのならUSB接続で用意します。

普通のパソコンではCADソフトの動作が遅いのではと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。
現在、一般的に販売されている安いパソコン(¥99,800−など)でも、悲しいことに私が使用している物よりずっと性能が良いんですよ!!
私のパソコンでCADの動作が遅いと思うことはほとんどありません。
もちろんあまり個人で使用しないようなミッドレンジやハイエンドの3D・CADに至っては、この範疇ではありませんがね...。つまりそのようなソフトを使うのであれば、パソコンもグレードアップが必要です。

ワープロと表計算と年賀状作りとインターネット(動画が入るときついけど!)だけできれば良いのですと言うのであれば、それこそお安いパソコンで一切問題無いでしょう。
  
【PR】
実践テクニカルイラストレーション 第2版 icon    価格:3,885円(税込)
テクニカルイラストレーションの概要/投影の基礎/等測図の基礎・応用/基本部品の描き方/軸測投影図/立体分解図の描き方/レンダリング/パソコンによる作図/写真トレース/外観図・断面図・透明図/立体図の寸法記入...いかがでしょう?多岐にわたり、かなり現状にフィットした内容になっています。
現在、テクニカルイラストの描き方本といえば、私の知る限りこれ以上のものはありません
もしアイソメ図の描き方に興味があるようでしたら、絶対お勧めです!

〜Menu〜
ブラウザのTopにする | お気に入りに追加 | LINKについて | お問い合せ | ご注意・免責事項 | 運営者に仕事依頼
Copyright © 2012 『テクニカルイラストレーターの!!!』. All Rights Reserved.