テクニカルイラストレーターの!!!ミニロゴ
 テクニカルイラスト総合サイト!超初心者から、仕事の依頼までをカバーすべく奮闘中! 
HOME > テクニカルイラストを描きたい > 現在位置
テクニカルイラストレーション制作環境
  
■手描きとCADではどっちが得?
これは一概には言えないと思います。
現在、手書きで仕事をしている人は大体が職人的な人たちだと思います。テクニカルイラストが非常に貴重な存在で、かなり高価なものであった頃からの経験がそこにあり、この技術は私たちが太刀打ちできる物ではありません。それくらい、すごいのです。
少しでもテクニカルイラストに関わったことがある人ならわかると思いますが、描くスピード、熟練したペンさばき、レイアウトの妙、バランス感覚など数え上げたらきりがありません。
この様な人たちに、いまさらパソコンで描けとは言えないでしょう。

ただ実際問題として、企業さんがテクニカルイラストをどのように使用するのかという観点から見ると、大抵のメーカーさんにはパソコンが導入されていて、社内用の技術資料など担当の方が作成することが多く、その中でテクニカルイラストを用いて説明に使いたいなどの需要があると思います。
いままでは、手書きのイラストを切り張りしたりして使用していましたが、CADの普及でできればデータで納品してほしいと良く言われます。
メタファイルやDXF/DWGその他のデータで納品したものを、担当の方がパソコン上で文字を追加したりして書類に貼りつけて使用するのでしょう。

このような現状から見て、また、最近では各メーカーさんがインターネットのホームページ上にデータを掲載していたりもするため、これからテクニカルイラストを始めようと思っている方がいるとすれば、やはりパソコンで始めるしか無い様に思います。
  
【PR】
JISにもとづく機械設計製図便覧 第11版 icon  価格:4,200円(税込)
あらゆる機械の設計・製図・製作に対応したスペシャルな書籍です。
機械に関連するJIS規格書を全て揃えていたりしたら大変!
でも機械を理解していないと描けない事も...そんな時はこの本です。テクニカルイラストを描くのには十分な資料です。
持っていて損は無い書籍です。

〜Menu〜
ブラウザのTopにする | お気に入りに追加 | LINKについて | お問い合せ | ご注意・免責事項 | 運営者に仕事依頼
Copyright © 2012 『テクニカルイラストレーターの!!!』. All Rights Reserved.