テクニカルイラストレーターの!!!ミニロゴ
 テクニカルイラスト総合サイト!超初心者から、仕事の依頼までをカバーすべく奮闘中! 
Home サイトマップ
アイソメ図の実践描画法

前回に引き続き、以下の部品の続きをを描いてみます。
左:リブを描きます。図の寸法どおり線を引きます。
中:2.5mm幅の分左上150°方向にコピーします。
右:間の線を引きます。
ピッチ分の38mm、330°方向にコピーします。
左:緑線を330°方向に12mmコピーします。青線との交点から3mm(37.5−34.5)下方に線を引きます。
右:先程作成したリブを引いた垂直線下端に合わせて移動させます。
左:不要部分を削除します。
右:緑線を27mm(32−5)330°方向にコピーします。
左:緑線を45mm(50−5)210°方向にコピーし、交差しないので線を延長します。
右:交点に長軸40・33・26mmの35°楕円を描きます。
左:中心から43mm(48−5)の垂直線を引きます。
右:垂直線の頂点から下の楕円へ接線を引きます。
左:円錐の頂点の内側にφ7.3(6×1.22)の正円を描きます。
右:頂点周りの不要部分を削除します。
左:下の楕円周りの不要部分を削除します。
右:楕円中心に長軸6mmの35°楕円を描きます。
左:描いた楕円の接線を330°方向と30°方向に4本引きます。
右:不要部分を削除します。
左:板の厚み方向の線を引きます。
右:緑線を210°方向に17.5mm(22.5−5)コピーします。
左:緑線を13mm(18−5)垂直方向にコピーします。
右:交点に長軸7mm35°楕円を描きます。
左:描いた長軸7mm35°楕円を60mm210°方向にコピーします。
右:不要部分を削除します。
全体にRを付けて完成です。
全体にRが付いていますが、細かい部分は感覚で描きました。
気に入らない方はご自分で研究してみてください。
それではまた・・・。
メニューへ  




サイトマップ
Copyright © 2014 『テクニカルイラストレーターの!!!』. All Rights Reserved.