テクニカルイラストレーターの!!!ミニロゴ
 テクニカルイラスト総合サイト!超初心者から、仕事の依頼までをカバーすべく奮闘中! 
Home サイトマップ
アイソメ図の実践描画法

以下の図面を描いてみます。図面の 【PDF】 データです。
まずは、上部のフックのような形状の作成です。
左:中心線を引きます。左下がりのアイソメ軸です。
右:φ50の35°楕円を中心に描きます。
左:縦の中心線を、右下−30度方向に25mm及び、左上150度方向に45mmにコピーします。
右:同様に横(斜め)中心線を、上に39.5mm、下に33mmコピーします。
左:縦中心線と楕円の上交点から、−30°方向に直線を引きます。
右:一番上の−30°方向の直線を、270°方向へ15mm(C15)コピーします。
左:そのコピーした線と一番左の垂直線との交点から、30°方向へ直線を引きます。
右:C15部分の描画ですから、それに基づいて不要部分を削除(トリム)します。
左:上部先端の丸みを描きます。R6ですのでφ12の楕円を上下の角にあてがいます。
右:不要部分を削除(トリム)します。
左:下部の丸みを描きます。向こう側がφ12、手前側がφ6の35°楕円をあてがいます。
右:不要部分を全て削除(トリム)します。
これで、上部フック部分の手前側面が出来上がりました。
今回の部分は特に問題は無いと思います。
常に楕円の整列に気をつけてください。またR部分の角への楕円のあてがいは、正直大体で問題ありません。
あまり神経質にきちんとやったとしても、大して変わりませんのでその辺は臨機応変に対応してください。


次回は一気に完成させますので、ご期待ください。
メニューへ  




サイトマップ
Copyright © 2014 『テクニカルイラストレーターの!!!』. All Rights Reserved.