テクニカルイラストレーターの!!!ミニロゴ
 テクニカルイラスト総合サイト!超初心者から、仕事の依頼までをカバーすべく奮闘中! 
Home サイトマップ
3D台頭による問題点

テクニカルイラストにとって、3Dについてどのように考えれば良いのでしょうか?

単純に考えますと、メーカーさんが3Dで設計すると言う事は、非常にテクニカルイラストレーターとしては危険な状態であると言えます。近い将来、仕事が無くなるかもしれません。
ご存知の方も多いと思いますが、三次元CADでは大抵の場合アイソメ視点というコマンド?があります。これはモデリングした形状を正確にアイソメ角度で表示できるという機能です。一部のCADではご丁寧に複数の方角のアイソメ視点までサポートしてあったりします。
そしてそのアイソメ視点のまま二次元CADデータに出力できるのです。
と言うことは・・・そうです・・・三次元のモデリングデーターがあれば、素人(設計する人は素人ではないと思いますが・・・)でもアイソメ図が簡単に出来てしまうのです!

この状態では、私たちテクニカルイラストレーターの存在価値が無くなってしまう!!!

メーカーの方々の中でも、もうテクニカルイラストレーターは必要ないとお考えの方も多いかとも思います・・・。


1.三次元CADって、どこまで普及するのでしょうか?
大手のメーカーさんはもうほぼ普及し尽くしたかのように感じます。
でもこれ中小企業さんの中ではどこまで移行していくのでしょうか。三次元CADってやっぱりそれなりの機能のものを使おうとすると1セット百万円からします。ハード的なプロテクト(パソコンの裏にコネクターみたいなものを差し込まないと起動しないてっしろ物)がかかっているので、ソフトのコピー(違法です!)は出来ませんので、必要な分購入しなければなりません。
やはり導入時に数百万はかかります。またサポート費用なるものがかかります。これが馬鹿にならない!普通のパソコンソフトならサポート無料なんてのもありますが、高価なCADの場合、年間保守料金が数十万円なんて当たり前・・・払いますか???
次に導入した三次元CAD、使えるようになるまでどれだけの労力が必要でしょう・・・それでどれだけの効果があるのでしょう?そのメーカーさんだけ三次元化しても、下請けさんや協力会社、関連会社まで連動して導入しないと・・・効果あがりませんよね・・・。
どこまで普及するか・・・今後を見守らないとわかりません・・・。

2.三次元データからイラスト化って誰がやるの?
結構手間ですよ・・・。
今まで設計が完了した後、イラストレーターに渡していた作業ですが、モデリングデータがあるからといって社内で誰がやるのでしょうか?設計した人がイラストやさんの代わりに作るのですか?そんなに暇は無いと思うのですが・・・。確かにモデリングデータがあって、チョットCADの操作がわかれば比較的簡単に二次元CADデータに出来ます。ただ部品点数が多かったりすると結構手間ですよ!これが!!!拡散分解図を作るとなると、レイアウトなんかも必要なわけで、これが慣れない人がやると手間ばかりかかるし、きれいに出来る事のほうが奇跡かも???
ボルトやナット、スプリング等々、機械要素と呼ばれるこれらの物は、モデリングでは省略される事が多々あります。これは2Dで描くなり、どこかから部品で持ってきて配置するなりの作業が発生します...結構膨大な労力がかかります...はい!
メニューへ  




サイトマップ
Copyright © 2014 『テクニカルイラストレーターの!!!』. All Rights Reserved.