テクニカルイラストレーターの!!!ミニロゴ
 テクニカルイラスト総合サイト!超初心者から、仕事の依頼までをカバーすべく奮闘中! 
Home サイトマップ
XVL Studio Basicによる分解図作成
1.XVLデータとは
みなさんXVLという言葉を聞いた事はありますか?

三次元の超軽量データ形式です。


一般的に3Dデータって重いですよね。

例えば...
下の画像は『図脳Rapid3D』というソフトで作った形状です。部品がわかり易いように色分けしてあります。
3Dデータから分解図作成_001
このデータ、図脳Rapid3Dのオリジナルデータで15メガバイトです。これを他のCADに渡すために三次元DXFデータに直すと11メガバイトになりました。
『XVLデータ』

上のリンクをクリックしてみてください。

これは図脳Rapid3DからXVLデータとして出力したものに、『XVL Studio』というソフトで分解アニメーションを付けたものです。

それなのに何と
30キロバイトですよ!

なおアニメーションはプレーヤーで開いてからモデルのどこかをクリックすると動き始めます。

もし、見られない場合はXVL Player(フリーソフト)最新版をダウンロード&インストールして、再度上のリンクをクリックしてみてください。


データ容量が格段に小さくなる上、実は精度も保持されるという非常に優れているデータ形式であるXVL。

軽量であるが故に、いろいろ使いようがあるはずです!

私なりに少しずつ使い方を極めていこうと考え、最近では業務にも取り入れているような状況です。

そんな使い方などを少し書いていきたいと思っております!

テクニカルイラストレーションの分類−リストマーク 前に戻る メニューに戻る 次へテクニカルイラストレーションの分類−リストマーク
【PR】
大容量3Dデータを iPad で見ることができる!! 『iXVL View』 登場
大容量の3DデータiPad上でサクサク見ることができるアプリ iXVL View がつい最近発表されました。
(2011/10/3、アップル運営のApp Storeにて
無償配布開始
これは、XVLだからこそできる芸当のようでCADで1GB程もある大容量の3Dデータなんて普通iPadでは表示すらできませんよね。
そんなデータも、このiXVL View にかかれば回転・移動・拡大・縮小といったビュー操作が簡単にできるのです。
詳しくはXVLを開発しているラティス・テクノロジー(株)の以下のサイトへGO !!
http://www.lattice.co.jp/ja/ixvl/index.html




サイトマップ
Copyright © 2014 『テクニカルイラストレーターの!!!』. All Rights Reserved.