テクニカルイラストレーターの!!!ミニロゴ
 テクニカルイラスト総合サイト!超初心者から、仕事の依頼までをカバーすべく奮闘中! 
Home サイトマップ
XVL Studio Basicによる分解図作成
5.XVL Studio Basicを使ってみる
XVL Studio Basicをとりあえず使ってみます。

まず、XVL Studio Basicを起動すると、以下のような画面が現れます。



何も表示されていない、空の画面です。

若干使いやすいようにボタン配列などいじっていますがご了承ください...。

また、上のボタン類は”大きなボタン”使用しています。小さくもできます。


ここにサンプルとして用意した3Dデータをドラッグします。




するとこんな感じで表示されます。





今回はX_Tデータ(Parasolid)をドラッグしました。まあ、たまたまこういうデータがあったので...。

サンプルデータは、いろいろな機械に使用されるようなローラーとベアリング、歯車のユニットです。


こんな角度でで表示されるのは、右上に座標が表示されていますが、ローラーの軸方向をY軸としてモデリングしているからです。


テクニカルイラストレーションの分類−リストマーク 前に戻る メニューに戻る 次へテクニカルイラストレーションの分類−リストマーク




サイトマップ
Copyright © 2014 『テクニカルイラストレーターの!!!』. All Rights Reserved.