テクニカルイラストレーターの!!!ミニロゴ
 テクニカルイラスト総合サイト!超初心者から、仕事の依頼までをカバーすべく奮闘中! 
HOME > 現在位置
図脳Rapid3Dでモデリング


  
はじめに...
モデリングにもいろいろな方法がありますが、今回は元の図形を削って作る方法をご紹介いたします。私もその道のプロという訳ではありませんので、もっと良い方法があるかもしれませんし、また本当の意味での正しいモデリングというものがあるのかもしれません。その辺はご容赦を...。

まず以下の図面のモデリングをします。上が三面図で、下が斜視図(テクニカルイラスト)です。
一緒にやってみたい方は、ご自分のお持ちの図脳RAPID3D icon【体験版】をご用意ください。また図面はPDFにてダウンロード(印刷)が可能です。
(体験版ダウンロードに関するトラブルに関しては責任を持ちかねますので、ご了承ください。)
図脳Rapid3Dでモデリング!
この程度のものはすぐに作れます!
1. 下図がRapid3Dを起動した初期画面です。ボタンのレイアウト等に関しましては、多少カスタマイズしていますのでご了承ください。
なお、以降の画面はすべてVer.5のものになります。
図脳Rapidイメージ01
2. まず元になる直方体を作ります。画面下部の”直方体(対角点)の作成”をクリックします。
図脳Rapidイメージ02
3. 底面の任意の第一点(赤点)をクリックし、そのままドラッグすると、下図のように水色の四角ができます。適当なところで再度クリックします。
図脳Rapidイメージ03
4. そのままカーソルを上方にずらしますと、下図のように底面に対しての高さが現れます。
図脳Rapidイメージ04
5. 任意の位置でクリックしますと、稜線(外周の線)のみの直方体になります。
6. 左上の”寸法修正”を選択(クリック)しますと、下図のように現在の直方体の縦・横・高さの寸法が現れます。
各寸法にカーソルを近づけますと、下図のように赤く色が変わります。この状態でクリックします。
7. そうしますと、以下のようなウインドウが現れます。図面どおり高さに30(mm)と入力し”了解”をクリックします。
8. 同様に3辺の数字をクリックして修正しますと、下図のように各寸法が赤く、修正した寸法値に変わります。
この時点ではまだ寸法が修正されていませんので、画面上で右クリックしますと下図のようにメニューが現れ、”寸法修正実行”をクリックして実際に値を変更します。
9. 再度右クリックしてメニューを表示させ、”終了”をクリックすると確定します。
10. 次に再度”直方体(対角点)の作成”を選択し、下図のような薄めの直方体を作ります。もちろん寸法は適当です。
11. 3辺をそれぞれ、縦:10、横:44、高さ:30に”寸法修正”します。そして右クリックで”寸法修正実行”、”終了”します。
12. 次に、画面上部の”切断”を選択します。
13. この状態で、カーソルを直方体に近づけますと赤く変わりますので、その状態でクリックしてシェル(対象とするモデル)を選択します。
  
【PR】
icon icon
DHA&EPA+セサミンE icon

毎日、青魚を食べていますか?
気になる毎日の生活習慣に、そして仕事や勉強にも。
多才な健康パワーを発揮してくれるのが、青魚のサラサラ成分DHAEPAです。

青魚のサラサラ成分とゴマの健康成分をぎゅっと凝縮!
サントリーウエルネスオンライン

〜Menu〜
ブラウザのTopにする | お気に入りに追加 | LINKについて | お問い合せ | ご注意・免責事項 | 運営者に仕事依頼
Copyright © 2012 『テクニカルイラストレーターの!!!』. All Rights Reserved.