テクニカルイラストレーターの!!!ミニロゴ
 テクニカルイラスト総合サイト!超初心者から、仕事の依頼までをカバーすべく奮闘中! 
Home サイトマップ
テクニカルイラストレーション概要

8.投影法について
品物を立体的に表現する描き方にはいろいろありますが、投影法としては大きく分けて以下の3種類があります。


テクニカルイラスト−投影法具体例

@が軸測投影法、Aが透視図法、Bが斜め投影法と言います。


私達テクニカルイラストレーターが主に使用するのが@で、場合によってAまたはBも使用します。




@が主に使用される理由は、一定の方向に伸びる線が全て平行であるため作図が容易であることと、楕円のつぶれ方や大きさに理論性があり、その理論を知っていれば正確にに描けるからです。


Aは前に記述しました透視図で、上の例は3消点透視図です。


Bは正面を平面的に表し、奥行きを斜め方向に描いたもので、立体図を知らない人が立体的に描こうとすると、ほぼ間違い無くこの方法を採るでしょう。



以下が、投影法としての分類です。


〜投影法の分類〜


テクニカルイラストレーションの分類−リストマーク 前に戻る メニューへ   次へ テクニカルイラストレーションの定義−リストマーク
お知らせ
特許図面・製品分解図ならC.T.I.Tayama
パーツカタログ(パーツリスト)/マニュアル用イラスト/特許図面を製作いたします。
サイトマップ
Copyright © 2014 『テクニカルイラストレーターの!!!』. All Rights Reserved.