テクニカルイラストレーターの!!!ミニロゴ
 テクニカルイラスト総合サイト!超初心者から、仕事の依頼までをカバーすべく奮闘中! 
Home サイトマップ

■特許図面作成のためのAdobe Illustrator効率化テクニック
【開催日】 2014年12月8日(月)
13:30〜16:30
【開催場所】 東新橋ビル2階 セミナールーム
東京都港区新橋2−10−10
【定員】 20名(先着順)
【受講料】 5,000円(税込)
※当日会場にてお支払いください。
【概要】 前半は平面図作成、後半は斜視図作成の効率化について、より正確により早く描くためのテクニックを解説いたします。

普段、Adobe Illustratorを使用していても、特許事務所というところはかなり閉鎖的な環境の場合が少なくありません。

そのような中で、事務所に就職してそこでIllustratorを覚えて図面を描いていると、どうしても新しい使い方というものに触れる機会が少ないと思います。

今回の講師は、テクニカルイラストレーターとして長年CADとIllustratorを使用して製品分解図を製作してきており、最近では特許図面を年間2000枚以上描き続けております。


フリーランスという立場で週二日特許事務所へ通い、その他の日は請負で複数の特許事務所からの依頼をこなしています。

そのような環境の中で仕事をしておりますので、できるだけ正確に早く描く方法を常日頃模索しております。

以下の動画はIllustratorで描いていますが、どうやっているか判りますでしょうか。
ツールボックスやメニューに一切触ることなく描き上げています。
大きい動画はこちら

テクニカルイラストレーション技能検定試験でも出題される可能性のある”スプリング”(まともに描いていると結構面倒くさいんですよね〜)の描き方なども解説いたします!
大きい動画はこちら

今回披露する描き方は、講師独自の物です。
過去いろいろなIllustratorのハウツウ本が発刊されていますが、この様な描き方は多分どこにも掲載されていないと思います。

それは、Illustratorで線画や図面を描くという、あまりIllustratorとしてはメジャーな使い方ではないからとも思えます。

ハウツウ本はツールの使い方は教えてくれますが、それぞれのツールをより早く使う方法やツールをどのタイミングで使うかなどは掲載していません。

また、講師の描き方は本では表しにくいショートカットのオンパレードです。
ですので、講師自身もなかなか書き表す事ができないのです。


Illustrator職人の中には、自分で長年かけて培ってきた描き方を人に教える事を嫌がる人もいらっしゃいます。
しかし講師は、少しでも日本の特許図面の書き手の技術が向上していければ何よりと思っております。
(公報の図面の悲惨さにはあきれてしまいます...)


ご自分の描き方が普通だと思わず、自分とは異なる描き方を見る事は新しい発見が必ずあると思いますので、是非ご参加いただいて、実際に見て少しでも吸収していってください。


主催者ページはこちらです!
【パンフレット】
【お問合せ】 株式会社ニテコ図研
大阪市淀川区西中島4丁目13-24 花原第3ビル4F
TEL (06)6303-0277 FAX (06)6303-0278
EMail niteco@niteco.co.jp
HP http://www.niteco.co.jp/
【お申込み】 フォームはこちら
メールはこちら





サイトマップ
Copyright © 2014 『テクニカルイラストレーターの!!!』. All Rights Reserved.